トップ  >  2016-2017年度  >  クラブ活動方針

2016~2017年度 クラブ活動方針

 

 

      東京調布むらさきロ-タリ-クラブ

       会 長 杉 本 一 雄
      「 ロ-タリ-は奉仕から? 」


 

 

RI会長のジョンF.ジャ-ムさんが2016年1月米国サンディエゴで国際協議会が開催され講演しました。そして今年度のテ-マを 「人類に奉仕するロータリー」 と発表されました。
ロータリーの創始者ポール・ハリスが、人生の最大の目的は人類に奉仕することと信じていたことに触れ、「ロータリーの一員であることはそのための大きな機会である」と述べております。「人類へのロータリー奉仕を通じてより良い世界を築く機会なのです」と。
そして「今良いことをすれば後世により良い世界を遺すことができるのです。良いことを毎日一つずつ行う…それだけで違いが生まれます。それは私達がロータリーにいる理由であり、まさにロータリーの奉仕です」と。
ロータリーは30年以上ポリオと闘い続け、一度も諦めたことはありません。ポリオ撲滅の実現まであと少しです。野生型ウイルスの温床となっている最後の地域は、アフガニスタンとパキスタンに跨っており、ポリオ常在国は2ヶ国を残すのみとなっています。両国はロータリーのあらゆる支援を活用して、今年がポリオ発症の最後の年となるよう、全力を尽くしています。
また、第2750地区のガバナ-は東京中央ロータリークラブの大槻哲也さんです。
地区運営方針は 「奉仕の哲学を実践しよう」~ 「地区チーム」 はクラブを支援するとしました。これはクラブと地区チームの連携を密にする。クラブの情報交流を深めクラブの基盤維持を支援するということであります。
上記の事柄を鑑み、私達のクラブテーマを 「ロ-タリ-は奉仕から?」 とさせていただきました。
私達のクラブは創立26年目になり、職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕等様々な奉仕活動を続けてまいりました。現在70数名のメンバー在籍を維持しつつ、出席率のさらなる向上を期待して卓話講師を選択し、より楽しく、ためになる例会になるよう心掛けてまいります。


 

組織表(pdf 2016.07.01現在)

例会スケジュール前期(pdf 2016.07.01現在)

 ・例会スケジュール後期(pdf 2016.07.01現在)

カテゴリートップ
2016-2017年度
次
クラブ概況